ファンクラブ会員登録で、ここでしか観られない『郷ひろみ』のコンテンツがお楽しみいただけます!

 

[Go's Club]会員規約

[Go's Club]会員規約

第一条(目的)
郷ひろみオフィシャルファンクラブGo's Club(以下「当会」)は、郷ひろみを応援する会員によって構成され、郷ひろみの芸能活動及び公演を応援することを目的とします。
本規約は、当会への入会申込み及び当会の利用に関する一切について適用されます。
また、当会が当会ウェブサイト上で掲載する当会に関するルールは、本規約の一部を構成するものとしますが、本規約と当該ルールその他本規約外における当会の説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第二条(会員)
1. 「会員」とは、本規約を承諾した日本国内の者がGo’s Club 事務局(以下、「事務局」)の指定する手続き方法に基づき入会を申込み、入会金・年会費を全額入金した後に、事務局がこれを承認した個人とします。
2. 事務局の判断により、入会が認められない場合があります。この場合、入金された入会金・年会費を全額返金いたします。

第三条 (プライバシーと個人情報)
1. 会員が登録した個人情報は、当会ホームページ<http://fc.hiromi-go.net/com/privacy/>に掲載する「プライバシーポリシー」に従い管理します。
2. 当会と機密保持契約を締結している協力企業、提携会社および業務委託会社に対して、会員に明示した目的を実施するために個人情報を開示する場合があります。

第四条(会員条件・権利)
1. 入会の際に会員が申告する登録情報の全ての項目に、虚偽の申告は一切認めないものとします。
2. 会員は登録した情報に変更があった場合は、事務局の指定する方法に従ってハガキ等の書面により情報変更の手続きを行うものとします。会員が登録情報変更を怠った際に発生する情報の未着は、会員の責に帰すものとします。
3. 会員は郷ひろみを応援する為の権利と特典を当会より与えられるものとします。但し当該権利及び会員特典の内容に関しては、当会は随時変更することができます。
4. 当会は本規約を予告なく変更する場合があります。改訂された本規約は、事務局から告知されるものとし、当該告知の時点より効力を有するものとします。
5. 会員の期間は、事務局が入会を許可した月より1 年間とします。会員有効期限に関しては、当会より発送する会報の封筒の宛名ラベルに印字します。
6. 会員資格を更新する際には、翌年1 年分の年会費を、事務局の指定する方法に従って事務局に更新年会費として入金することとします。
7. 更新年会費の払込期限は、会員期限が切れる月末までとします。期限が切れる翌月の月末までは猶予期間として更新年会費を受付しますが、場合によりその月の会報が未着になる場合があります。
8. 会員資格が失効すると、使用していた会員番号は欠番として使用ができなくなります。
9. 会員資格の区分は当会ウェブサイト上で別途掲載するものに従います。なお、Happy会員登録申請中及び登録料入金前に会員有効期限が失効した場合、会員証の発行はしないものとします。

第五条(禁止行為)
会員が、以下に該当する行為をすることは禁止します。
(1) 第一条の目的に反する行為。
(2) 会員資格の売買・譲渡・名義貸し・名義変更(但し婚姻等による氏名変更は除く)
(3) 先行予約で入手したすべてのチケットの転売・チケットの注意書きや裏書きに違反する行為。転売については第三者が行った場合でも、購入者の責任とします。
(4) 会員資格を利用した営利活動及びこれに準じる行為。
(5) 郷ひろみの著作・当会会報・オリジナル商品の無断複製、転載及び再配布する行為。
(6) 郷ひろみ、当会及び他の会員の財産、名誉、信用、プライバシー、肖像権、パブリシティ権等、権利利益を侵害する行為。
(7) 郷ひろみに対する待ち受け、付きまとい等の行為その他郷ひろみに不安を覚えさせる行為。
(8) 郷ひろみ、当会、その他関連企業への誹謗中傷行為。
(9) 郷ひろみ、事務局、その他関連企業に連絡や面会を強要する行為。
(10) 事務局の運営、他の会員、その他関連企業の業務に支障をきたす行為。
(11) コンピューターウイルスや有害なプログラムを当会のホームページに侵入させる行為。
(12) 法令に違反する行為。

第六条(会員資格の喪失)
会員が以下の項目に該当する場合、事務局は会員の会員資格を失効させることができるものとします。会員資格が失効した場合は、理由の如何を問わず支払い済みの入会金・年会費の返金はなされないものとします。
(1) 会員の都合による退会を申し出た場合。なお、会員期限が切れる月の末日までに次年度の年会費を入金しない場合は、自動的に退会の申し出があったものとみなします(会員期限は、送付物の宛名ラベルに記載します)。ただし、第四条第7項に規定する猶予期間内に次年度の年会費の入金があった場合は、当会において入金を確認した時点から再度会員資格が有効になるものとします。
(2) 会員の登録情報に虚偽の事実が認められた場合。
(3) 過去に本条第2号ないし第4号の規定により会員資格を失効させられたことが判明した場合。
(4) 本規約に違反する行為をした場合。

第七条(免責)
1. 会員に送られる会報は登録された住所宛に日本郵便ゆうメールにて発送します。万が一、メンバーズサイト及びインフォメーションダイヤルにてお知らせする再送手続き開始日迄に、会報が届かない場合は、会員より申し出があった場合に限り、再送します。
2. 事務局が通知した申込期限のあるお知らせについては、当該お知らせの有無を問わず、申込期限が過ぎた場合は、当該申込の権利は消失します。
3. 公演日が指定されたチケット等の郵便物を、不在等の理由で受け取られないまま公演日を過ぎた場合は全て無効になり、代金の返金はできません。
4. 会員は、自己の責任において、当会の会員番号及びパスワードを適切に管理及び保管するものとします。会員番号及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関して、当会は一切の責任を負いません。
5. 当会または当会ホームページに関連して会員と他の会員または第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、当社は一切責任を負いません。
6. 会員に起因する事由によるサービスの利用における障害については、当会は一切の責任を負いません。
7. 郵便局等の各種機関による手続きの不備や事故については、当会は一切の責任を負いません。
8. 事務局は、アーティストの活動状況その他の事情により、当会の運営を継続し難いと判断した場合には、当会の全部または一部を解散もしくは運営を停止できるものとします。

第八条(反社会的勢力の排除)
事務局は、会員又は入会申し込みをされた方が以下のいずれかに該当すると事務局が判断した場合は、当会への入会を認めず、又は会員の会員資格を失効させることがあります。
(1) 反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等を含む。以下同じ。)である場合。
(2) 資金提供等の行為を通じて反社会的勢力の維持、運営に協力又は関与している場合。
(3) その他、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係がある場合。

第九条(紛争の解決)
1. 当会及び事務局の運営に関して、本規約または事務局の指導により解決できない問題が生じた場合には、事務局と会員との間で双方誠意をもって話し合いこれを解決するものとします。
2. 紛争を訴訟によって解決する場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第十条(その他)
Happy 会員は、先行予約でチケットを確保した場合、会員証を公演日当日に所持することとします。


2019年3月25日 一部改訂